医療費 払えない

前払いでも全然問題ない!この【払い方】なら支払いも簡単です

医師からの突然のがん宣告!頭の中が真っ白に・・・検査に入院、そして手術へと、あれよあれよとモノゴトは進んでいくが、ん?待てよ?これらの費用ってどのくらいするのだろう?会社も休んでしまっているし。

がん手術をすれば手術代・入院費・薬代といった様々なお金が発生します。医療費負担は3割といっても手術代が100万もすれば30万円もかかってしまうわけです。

しかしながら、日本では高額医療費制度といって所得水準に応じて医療費の上限の金額を設けており、上限を超えた金額は健康保険により支払いがなされます。なんだ!問題ないじゃんとお考えのあなた、世の中そんな甘くはないのです!!

高額医療費制度の前提は3割負担相当額は前払いであり、後に負担超過額のキャッシュバック申請する手続きとなっていますので、大きな手術等を行った場合には大きな支出は避けられないのです。では、お金がない人の場合高額医療費の支払いはどのように対処していけばいいでしょうか。

 まず、第一に検討すべきなのが疾病手当制度です。これは、病気やけがで会社を休んでしまい給与の支給を受けられない場合には、標準報酬日額の2/3が疾病手当金として健康保険から支給されます。意外としられていないこの制度はとっても助かりますね。ここでのポイントは会社の業務外の原因により病気やけがをしてしまったかということです。

会社の業務を起因とする場合には、労災の対象となりますので労働基準監督署等にご相談ください。しかし、この制度を使っても申請から支給までの手続きには時間がかかるためいざ無事に手術が成功しても医療費の支払いが間に合わないケースなんてこともあります。

そんなときには、カードローンによる一時的な資金の確保が便利です。カードローンというと一見使うのが危険なイメージを持たれがちですが、審査から融資まで当日で完了する会社がほとんどであり、中には初めて利用する方は30日間金利無料といったサービスをしている会社もあります。そのためお金のない人の高額医療費の資金確保手段としてはお手軽に利用できるサービスです。

ピンチ脱出!いますぐお金が必要ならココで借入れ