奨学金 払えない

奨学資金の未払い【脱出法】これでブラックリストから抜け出せる

受験勉強に苦労してようやく入学できた志望大学。奨学金制度を運よく利用でき大学卒業し無事に社会人になった。社会人の生活にも慣れたと思った矢先、生活リズムが弛んだせいか思わぬミスをやらかしてしまった・・そう奨学金返済の滞納である。

リレー口座から振替日に返済金額が引き落とされず、奨学金を何回か続けて滞納するとブラックリスト入りと聞いたことがある・・これはやばいぞ。自分の信用情報がブラックリスト入りすると与信に際して審査が通らなくなってしまう・・と、こうならないためにも奨学金の返済は計画的に行う必要があります。その方法を検討してみましょう。

 まずは、奨学金の返還猶予というものがあります。これは、返済が困難な状況に陥った場合に、返還猶予期間中は奨学金の返還はなされず、その分返還期限が延長されるものです。ただし、返還すべき元金や利息が免除されるわけではないので返還金額の将来への先延ばし手段です。その次に、減額返還というものがあります。これは減額返還期間中において、当初の割賦金額の1/2を返還するものであり、当初の返還額の負担を和らげるものです。よって、当然ですが、返還期限は当初の期間よりも1/2だけ延長されます。いずれの方法も返済免除されるわけではなく現在の返済負担を軽減し、負担を将来へ先延ばししていることに注意する必要があります。

 なるべく負担を将来へ持越したくないという方にオススメなのが、カードローンの利用です。カードローンは審査がスピーディでほとんどの会社で即日融資が可能です。そのため一時的に口座残高が不足している場合にはとても便利なサービスです。

カード会社によっては初めての利用であれば30日間金利は無料サービスをしていますので、ボーナスでカードローンを一括返済してしまうことで金利負担をなくすことも可能ですね。このように一時的な資金不足の際には、カードローンを上手く利用することによってピンチを乗り切りましょう。

ピンチ脱出!いますぐお金が必要ならココで借入れ