示談金 払えない

相手への慰謝料【示談金】の支払いならこの方法がおススメ!

冬になり日が暮れる時間がすっかり早くなりました。17時には外は真っ暗です。そんなときには帰路に要注意です。油断していると・・・あ、ぶつけてしまった。車と自転車の接触事故です。やってしまったー。軽い接触であるため命の危険はなさそうではあるが、接触の痛みは本人にしかわからないもの。

さて、まずは警察に連絡するか。あっ、保険会社にも連絡しなきゃとも思いあたふたしていると相手の方が起き上がってきました。どうやら本人に外傷等目立った傷は特にない様子。警察を呼びましょうとかと声をかけると、めんどうな手続き等で時間がとられるからお金で解決しませんか、との返答。

まぁ、確かに警察やら何やらで時間を取られるくらいなら多少のお金で済むならそれでもいいかなとも思ってしまう。で、おいくらですか?え、30万円・・・そんなお金急にはちょっと・・・払えない(汗)

一般的に、交通事故を起こした場合には、まず警察へ届出を行います。ただし、警察は民事不介入ですので示談の交渉等は行ってくれません。任意保険に入っていれば保険屋さんが間に入って示談交渉ということになりますね。ただ、なかなか決着がつかない状態が続くと調停という方法により解決を目指す方法もあります。

調停は、示談できないけど訴訟にはしたくないときに裁判所が設置する調停機関に間に入ってもらい加害者・被害者双方の譲歩しながら合意解決を図る手段です。民事裁判まで起こして損害賠償請求をされるよりも労力・お金ともに少なく済みますね。しかしながら、今回のケースでは加害者・被害者が直接交渉により示談を行ってしまいました。

しかも、30万円という大金です。やむを得ない出費はいつでもあります。そんなときはカードローンを使ってみてはいかがでしょうか。スマフォ1つで短時間に審査融資がなされ必要書類も50万円以下の融資であれば運転免許証等の身分証のみで借りられる会社が多数です!みなさんも運転には十分注意しましょう。

ピンチ脱出!いますぐお金が必要ならココで借入れ