葬儀費用 払えない

葬式代の支払い無理。。そういう時にはこの【解決策】がおススメです

人生には必ず訪れる親との死別。小さな自分をここまで大きく育ててくれた数多くの思いでが浮かんできます。しかし、思い出だけに耽っている場合ではありません。そう、親御さん最大のイベントであるお葬式の準備に奔走することになります。お葬式費用っていったいどのくらいかかるのでしょうか・・・

葬式代の相場はどのくらいするのか、まずは葬祭会社に見積もりを依頼しましょう。2010年に実施された日本消費者協会のアンケート調査によると身内に葬儀のあった人が葬儀にかけた費用の総額は、全国平均で約199万円であったそうです。けっこうするものなんですね・・・これは高くてなかなか払えないぞと思ってしまいます。そもそも葬儀費用ってどんなものがあるのかを整理しておく必要がありそうですね。

葬儀費用は、祭壇・御棺・ドライアイス・及び式のための人件費や、斎場使用料・火葬代・飲食費用・返礼品といったものが考えられます。また、細かいことまで言うとお坊さんへのお布施といった費用もありますよね。考えてみると確かにたくさんの費用がかかりそうなのも納得がいきます。

葬儀費用は相続税の計算において相続財産の価額から控除できる経費になるものもありますので、現金資産がたくさんある親御さんであればあまり心配することもないのですが、我が家の場合は・・・(汗)また、もし生活保護受給者であれば葬祭扶助といって、火葬費等の費用が支給されます。でも、我が家の場合は・・・カツカツです(汗)(汗)

 さて、突発的にやってくるお葬式。でも手元にお金がない、そんなときは葬儀ローンを利用しましょう。クレジット会社が提供しているカードローンと考えてください。審査は数時間〜数日で融資となりますし、多くの会社で限度額は500万円ほどまで融資可能ですので突発的な葬儀にもスムーズに対応できるサービスです。お葬式は、故人にとって最後の儀式でもあります。親御さんを無事に天国へ送り出すためにも緊急時の対応として頭の隅にあるといいですね。

ピンチ脱出!いますぐお金が必要ならココで借入れ