賠償金 払えない

損害賠償を払わないと○○に?!お金がなくても回避する秘策があります

自転車走行中に歩行者と接触して歩行者がけがをしてしまいました。自分としては前方には注意して走行していたので、スマフォをいじりながら歩いていた歩行者が悪いと思い示談をしませんでした。まあぶつかってしまったのは悪いと思いますが。

示談が進まずにいるとまさか、被害者が裁判を起こしてきたのです!え、まさか・・・と思いましたが、思いのほか自分に不利に物事が進み、結果として損害賠償請求として慰謝料の支払いを命じられてしましました。いやー、急にそんなこと言われても困ったな、こちらだって自転車の修理をしたりして被害被っているのに。さて、どうしよう・・・

民事裁判で損害賠償請求が認められ、裁判所から支払い命令が下された場合、当然のことながら被告人には支払い義務を課せられます。しかし、その取立ては裁判所が行うものではなくあくまで原告側で行います。

そのため、被告人の財産状況を勘案して、必要があると認められる場合には、裁判所は被告人の不動産の差し押さえを行う命令を出すこともあるようです。示談しておけばよかった・・・そんなこと言っても後の祭り。

上告という手段もあると思いますが、費用対効果を考えれば素直に支払った方が得策かもしれません。しかし、思いのほか金額にびっくり。だって80万円なのですもの・・・(笑)

近年、自転車利用者の増加に伴い、このようなケースが増加しているようです。さて、自分には差し押さえるような不動産はないのだけど、支払いに困ってしまいました・・早くお金で精算してこのことはもう忘れたい!そんなあなたにピッタリなのが、カードローンです。

簡単な審査により短期間に融資を行ってくれるのが特徴の融資です。銀行借入などでは審査に時間がかかりますが、これであればスマフォひとつで手続きも簡単。分割返済も対応可能ですので早急にお金の工面をしたいときには便利なサービスです!是非ご利用をご検討ください。

ピンチ脱出!いますぐお金が必要ならココで借入れ